海音寺ジョー/湖畔の漂着物

Last-modified: Thu, 30 Mar 2017 23:21:20 JST (1102d)
Top > 海音寺ジョー > 湖畔の漂着物

読む Edit

 流木は、子供が10人座れるくらい大きくて格好の遊具だった。

 どこから流れ着いたのか、よくわからない。この湖はそれほど大きくない。


「地底湖と水路で繋がっていて、そこには古代から生息してる生物が今も生きてるんだよ」

「おれは10メートルぐらいの、蛇が泳いでるのを昨晩みた」

「それは水草をだな、見間違えたんだよ」

「ぼくは恐竜が首だけ出して泳いでるのをみた!」

 子供たちは、そのうち流木をボートに改造して探検に行くことを思いつき、それぞれが家に帰って鑿や鋸を持ち出そうとし、親に見つかって怒られたり、そのまま晩御飯を食べてテレビをつけた。


 流木は、待てども戻ってこない子供たちのことを思いながら、月光を布団のようにかぶりながら砂地に横たわって眠りにつく。

ジャンル Edit

ファンタジー湖沼動物?子ども数字

カテゴリ Edit

超短編/カ行

この話が含まれたまとめ Edit

選評/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第134回競作「湖畔の漂着物」 / 参加作

執筆年 Edit

2014年?

Counter: 170, today: 2, yesterday: 0