海音寺ジョー/期限切れの言葉

Last-modified: Wed, 24 Oct 2018 00:54:33 JST (302d)
Top > 海音寺ジョー > 期限切れの言葉

読む Edit

 遅番パートのフェイが、嬉しそうにゆってきた。

『松尾さん、新しい日本語覚えたヨ』

 フェイさんは不法入国してきた中国人娘で、最近俺の勤める相々橋筋の居酒屋にバイトで入ってきた。正規の日本語教育を受けていないよって、片言の日本語しか喋れない。

『うん、どんな言葉ですか?』

『イーゴ、イーチェー!』

 それは日本語なんけ?

 フェイが片言で説明を始める。

『人はー、人にー会うときは、それっきり、一度きりにーなるかもしれない。だから、会うはー、大切なことです。という意味ネ』

 それで一期一会のことだとわかった。

『それは、イチゴイチエって言います』

『そうカ、イチゴーイチエだたか。日本語難しいねえ』

 フェイは照れ笑いする。

 オレはフェイには丁寧な言葉を使う。悪い言葉や卑語は、彼等はすぐに覚える。でも、接客仕事には敬語ができなあかんから、俺の言葉をフェイが真似するように、わざと丁寧な言葉を使ってるんや。

『フェイ、フェイが日本語をちゃんと話せる、そうなったら、時給が上がる。だから頑張ってください』

『松尾さん、前にも同じこと言ったね。前の前にもネ。ワタシ時給、まだ上がんないヨ?』

『オレだって安月給やぜ。でも、イーゴイーチェは、よく勉強したよな、偉いなフェイ!』

『へへへへ』


 あてにならない口約束で世界は満ち満ちている。ドブタメのような場末の町であくせく働きながら、生活に倦みながら、だけどイチゴイチエはいい言葉だよなーと、その時俺は思った。

作品ページ

ジャンル Edit

リアル場末?中国?四字熟語?笑う日本語?数字

カテゴリ Edit

超短編/カ行

この話が含まれたまとめ Edit

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第85回競作「期限切れの言葉」 / 参加作

執筆年 Edit

2009年?

その他 Edit

Counter: 292, today: 1, yesterday: 1