海音寺ジョー/三獣の王

Last-modified: Wed, 24 Jun 2020 23:51:13 JST (11d)
Top > 海音寺ジョー > 三獣の王

読む Edit

 レッサーパンダの陽太は、たぶん獣(けもの)界ではネズミ、カワウソ、パンダくらいの間ではトップの力を持ってるじゃろうと曖昧な審査でもって三獣の王に認定された。

 これは人間界でいえば、係長昇進くらいの嬉しさにあたるだろう。陽太はどれくらいの喜びのリアクションが妥当じゃろか?と少し考えたが、考えるほどに空虚な気持ちになってきたのでムスッとした表情で胸を張る、くらいのパフォーマンスにとどめた。

 陽太は上野動物園に飼われてる身だが客商売には、かなりイヤ気がさしてて、派手なボディランゲージやカラ元気でコンクリートスペースを走り回る肉体労働から逃れたかった。ある日、10代後半くらいの客から、錠剤が投げこまれた。陽太は何かヤバい気がしたが、その錠剤をパクッと食べた。

 それに含まれていたコカの成分が陽太の理性を破壊。まるで百獣の王になったかのように陽太はテンションが上がった。

 しかし、あっという間に効力は薄れ、極度のウツ状態に陥った。

ジャンル Edit

ハードボイルドクライム動物小熊猫?東京?

カテゴリ Edit

超短編/サ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

選評/感想 Edit

初出/概要 Edit

執筆年 Edit

2005年?

その他 Edit

Counter: 341, today: 1, yesterday: 0