海音寺ジョー/クスクスの謎

Last-modified: Wed, 24 Jun 2020 23:58:06 JST (10d)
Top > 海音寺ジョー > クスクスの謎

読む Edit

 店の休憩室に絵葉書が一枚張り付けてある。

 大学生バイトの真麻が北海道に合宿に行った土産だと、昨夜貼ってったやつだ。旭山動物園で買ったと言ってた。オランウータンが仔を背負って、縄梯子を渡ってる写真。

 中国人バイトの林海燕が、仕事上がりでタイムカードを押しに来た。事務机の前に貼ってるその写真を指さして

「シンシン!」

 と言った。

「えっ?」

 ぼくが戸惑っていると、海燕はメモ帳に素早く『星星』と書いた。

「シンシン?」

「そうデス。ターシンシンです」

 海燕はそう言って、星星の手前に、大、と書いた。


 大星星


「じゃね、サヨナラ、オチュカレサマ!」

 と言って、海燕は帰ってった。


 直後、夢枕獏の『闇狩り師』という小説を思い出して、「あっそうか、猩猩(ショウジョウ)か!猩猩を現代中国語では簡体字で星星、と書くんだ」と想到した。机のPCを立ち上げネットで調べたら、星星はゴリラのことだった。オランウータンも星星と言うのだ。

 中国では、大きいサルのことは、みんな星星というのだ。


 休憩時間が終わる。 シンシン!シンシン!と唱えながら、ぼくは仕事に戻った。 

ジャンル Edit

仕事東京北海道中国?動物?

カテゴリ Edit

超短編/カ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第144回競作「クスクスの謎」 / 参加作

執筆年 Edit

2015年?

その他 Edit

関連作:海音寺ジョー/大星星

Counter: 161, today: 1, yesterday: 1