よもぎ/魚と眠る

Last-modified: Wed, 25 Aug 2021 23:36:42 JST (53d)
Top > よもぎ > 魚と眠る

読む Edit

ミルク色の夜明けに見えて来るのは曲がりくねった迷い道。僕は薄明かりの中をチョウチンアンコウと一緒に歩いている。一足歩くごとに足がシクシク痛むので、靴を脱いで振ってみたけど出て来るのはサラサラと消えていく想い出だけ。アンコウが口をひん曲げて笑うから、僕は首輪をグイと引いてまた歩き出す。アンコウはのんきにスキャットなんか口ずさんでるけれど、それがまた似合いすぎてて切ない。なんかもう起きなくちゃと思って、ほっぺたをつねるけど痛くない。仕方ないからアンコウにキスをしたら、アンコウの夢と同化して吸収されるなんてどうかしてる。


魚と眠る夜 ミルクみたいな痛み来る 見る夜 胸と中さ

ジャンル Edit

?鮟鱇?キス笑う

カテゴリ Edit

超短編/サ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第162回競作「魚と眠る」 / 参加作

執筆年 Edit

2018年?

その他 Edit

Counter: 62, today: 1, yesterday: 0