よもぎ/象を捨てる

Last-modified: Thu, 08 Oct 2020 23:05:00 JST (381d)
Top > よもぎ > 象を捨てる

読む Edit

午前五時の朝焼けに一日の終わりを眺める。じくじくと滲む空は錆臭く、歩道は乾いて酸っぱい。白々と細い線で描かれた街頭は不確かな輪郭。軋む窓辺に映る途切れた電車の音。歪んだ象は腰に巻き付きからまりし、囚われた痛みは手を伸ばして空を仰ぐ。傷の苦さを愛おしみかき抱けば、象が鋭い爪をたて新たな傷を増やす。全身が生臭い朝日に染まる頃には、聞き飽きた喧噪が歌うアスファルトの唄。窓を閉じカーテンを引けばもうなにも見えない。収集車が象を集める音がする。

ジャンル Edit

一行作品?におい?リアル

カテゴリ Edit

超短編/サ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第42回競作「象を捨てる」 / 参加作

執筆年 Edit

2004年?

その他 Edit

Counter: 75, today: 1, yesterday: 0