よもぎ/落ちる!17

Last-modified: Thu, 25 Jun 2020 00:41:13 JST (47d)
Top > よもぎ > 落ちる!17

読む Edit

赤い毛糸玉が僕の足下へ転がってきた。

拾いあげると錆びた鉄の匂いがしてDNAの螺旋がほどけてしまった。

仕方がないので僕は君の赤い星を見ながら夜空にスケッチする。

とろりと広がる銀河と赤い螺旋の混ざり毛糸で、僕は僕によく似た火星人を編んだ。

とても素敵にできたので、逃げられないように小指と小指を赤い糸で縫い合わせた。

そしてふたり手に手をとって太陽に向かって飛び下りる。

ジャンル Edit

恋愛SF火星人?

カテゴリ Edit

超短編/ア行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第30回競作「落ちる!」 / 参加作

執筆年 Edit

2003年?

その他 Edit

Counter: 65, today: 2, yesterday: 1