よもぎ/恋とサファイア

Last-modified: Thu, 22 Oct 2020 22:40:56 JST (40d)
Top > よもぎ > 恋とサファイア

読む Edit

「大丈夫よ」携帯電話の向こうで彼女が言う。

「海に落ちた空は浜辺に流れ着くものよ。そういうものなのよ」

 なぜ君がそれを知っているのか知らないが、僕はひとまずホッとした

 シロギス釣りの朝まずめ。思いきり投げた一振りが勢い余って夜明けの空へガチャン。僕の前で砕けた空がざらざらと海に降り注ぐ。やっぱり金剛石の重りなんて使うんじゃなかった。そして僕は無性に彼女の声が聞きたくなったというわけ。

 やがて彼女の言うとおり、浜辺に空の破片が流れ着く。夜から朝へ霞むカシミアンブルー。今日を予感させるピンクやオレンジ。星が白く瞬くかけらもある。僕はそれを拾い集めた。すると薄明かりの向こうでやはり空の破片を拾っている人がいる。誰かと思ったら君だった。

「来ちゃった」君はてへっと笑って、夜明けの色に光る破片を僕に見せた。

 僕らは拾い集めた夜明けを砂浜に並べていく。難しいジグソーパズルだけれど、君が僕のそばで笑っていてくれるのなら、このまま何ピースでも何ピースでも空の破片が流れ着けばいい。君の髪が香る。

ジャンル Edit

恋愛釣り?色彩大丈夫?彼女

カテゴリ Edit

超短編/カ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第3回トーナメント二回戦第8試合参加作

執筆年 Edit

2004年?

その他 Edit

Counter: 14, today: 1, yesterday: 0