よもぎ/密室劇場34

Last-modified: Wed, 02 Sep 2020 23:14:37 JST (417d)
Top > よもぎ > 密室劇場34

読む Edit

三面鏡を開くと開演のブザーが鳴った。

細い目に薄い眉ぼんやりした表情の観客がまばらな拍手で迎える。(今日は)

肌を引き締める液体を叩き込む。(あなたに会う) 

皮膚をしなやかにする油を薄くのばす。(そして彼女にも) 

全体を白く塗り込める。(あなたは) 

目を黒く大きく隈取る。(どちらを選ぶ) 

赤く青く顔に呪術を施す。(わたしは)

確かめるように満面に最高の武器を構える。そして喝采。

鮮やかに目鼻立ちを際立たせた観客は決然と三面鏡を閉じた。

ドアの外にも舞台が待っている。

ジャンル Edit

リアル化粧??彼女あなたわたし

カテゴリ Edit

超短編/マ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第35回競作「密室劇場」 / 参加作

執筆年 Edit

2004年?

その他 Edit

Counter: 104, today: 1, yesterday: 0