よもぎ/天空サーカス

Last-modified: Thu, 11 Feb 2021 22:49:33 JST (258d)
Top > よもぎ > 天空サーカス

読む Edit

目を開ければ闇。

私は木の根を手繰りよせ、汁を吸っては、眠りに落ちる。

眠りの底には、誰かの記憶が満ちていて、私はじんわり身を沈める。


そらにさえずる鳥の声、遠くから聞こえ来るは、じんたの調べ。

広がるテントは丸天井。

さあさあ、ショウの始まりだ。

まずは愛らしき大熊小熊の玉乗り。

そこへ美しきカシオペイアのおでましだ。椅子の上にて見事な軽業。

次にまかりこしたるは、大蛇かついだ蛇使い。

獅子の火の輪くぐり。オリオンと蠍の大格闘と続きまする。

道化ものの牛飼が下手なラッパでおなぐさみ。

さすれば今夜のハイライト、双子の空中ブランコでござあい。

失敗すれば、あわれ双子は流れ星。

見事演技ができましたらば、盛大なる拍手でお迎えください。


ショウは巡る。

目を開ければ闇。

私は木の根を手繰りよせ、眠りに落ちては、時を待つ。

ジャンル Edit

神話星座??動物眠るわたし

カテゴリ Edit

超短編/タ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第103回競作「天空サーカス」 / 参加作

執筆年 Edit

2011年?

その他 Edit

Counter: 132, today: 1, yesterday: 0