よもぎ/冷えた椅子21

Last-modified: Thu, 25 Jun 2020 00:43:24 JST (530d)
Top > よもぎ > 冷えた椅子21

読む Edit

 ここに椅子がひとつある。僕はこの椅子に座っている。僕と椅子の前を人々が通り過ぎていく。そして口々にこう言うのだ。「やぁ素敵な椅子ですね」僕は軽く会釈して「それはどうも」とお礼をいう。でも悔しい。褒められるのは椅子ばかり。なんだい、こんな椅子なんか。だから椅子から立ち上がろうとした。なのに椅子のやつ、立ち上がって僕について来る。僕が歩くと椅子も歩く。人々がそれを見ていう。「おりこうちゃんな椅子ですねぇ」また椅子が褒められた。くそっ。僕は椅子に殺意を抱く。僕はナイフを手にとる。振り向きざまに椅子を切りつける。左上から右下へ、椅子の背が切り裂かれた。右上から左下へ、僕の胸が切り裂かれた。僕と椅子は分裂した。そしてあとには椅子がひとつ。

ジャンル Edit

一行作品椅子?ホラー生命

カテゴリ Edit

超短編/ハ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第33回競作「冷えた椅子」 / 参加作

執筆年 Edit

2003年?

その他 Edit

Counter: 147, today: 1, yesterday: 1