よもぎ/二人だけの秘密

Last-modified: Wed, 07 Oct 2020 22:43:20 JST (375d)
Top > よもぎ > 二人だけの秘密

読む Edit

千鳥足でその中年男は僕の前を歩いていた。黒メガネによれた帽子。擦り切れたジーンズ。ゴム草履。ふらふらきょときょと挙動不審なことこのうえない。ふいに男は辺りを見回した。僕に気づき一瞬ハッとしたが、すぐににんまりと笑った。男は懐から扇子を取出し自分を煽ぐ。風がさらさらと男の身体を崩し始めた。足元から風に乗って男が壊れていく。やがて男は笑いながら僕に片目をつぶってみせると、扇子と酒の匂いを残して消えてしまった。

ジャンル Edit

一行作品怪談扇子?お酒?オノマトペ

カテゴリ Edit

超短編/ハ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第40回競作「二人だけの秘密」 / 参加作

執筆年 Edit

2004年?

その他 Edit

Counter: 102, today: 1, yesterday: 1