よもぎ/もみじ

Last-modified: Thu, 06 May 2021 23:42:41 JST (40d)
Top > よもぎ > もみじ

読む Edit

「どこかにいい場所はないかなあ」

もみじは風に乗って、くるくる回りながら落ちる場所を探していました。

「あ、あそこがいい」

乾いた土とまばらな草のあいだに、ぽっこりとした小さな丸い泥の山があるのでした。もみじはそこに降りました。そしてすぐに気がつきました。

「あれ?これ、あんぱんだ」

おもてにこそ泥がついていましたが、それは食べかけのあんぱんでした。カビが生え、腐りかけていましたが、それはあんぱんなのでした。もみじは、降りた場所が腐ったあんぱんだったので少しがっかりしました。けれども、あんぱんはほんのりと温かく湿っていて、なつかしい土の匂いがするのでした。もみじはここに根を下ろすことにしました。

「おひさま、おはよう」

毎日、太陽に向かって背伸びをして、もみじはすくすくと育ちました。

ある秋の日、もみじは青い空に茶色いマントをひるがえして飛んでいく者を見ました。

「うわぁ!カッコイイ!」

小さくなっていくその姿を見つめ、もみじは陽に透けて赤く輝く手をいっぱいに振りつづけました。

ジャンル Edit

童話生物?コメディ色彩アンパンマン?

カテゴリ Edit

超短編/マ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第126回競作「もみじ」 / 逆選王

執筆年 Edit

2013年?

その他 Edit

Counter: 32, today: 1, yesterday: 0