まつじ/鶏が先

Last-modified: Tue, 29 Dec 2020 22:57:58 JST (302d)
Top > まつじ > 鶏が先

読む Edit

 2は耽った。黙考、黙考、深く深く。然し、気付く、我を得るより前の事。私は1ではなかったろうか。黙考、黙考、深く深く。過ぎ去った1は、失われたようでもある。無ではないが。2は耽った。1よりも前。私は0ではなかったろうか。無ではなく、0として在る私を産んだのは、誰だったろうか。黙考、黙考、黙考、黙考。緩やかな閃光。

 目覚めを告げるように啼く。

 初めての感覚。

 目覚めを告げるように啼く。

 羽根を広げる。


 鶏は耽った。私は0ではなかったろうか。

 啼くたび、薄れいく。

ジャンル Edit

SF数学哲学?数字啼く?タイポグラフィわたし

カテゴリ Edit

超短編/タ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第179回競作「鶏が先」 / 正選王

執筆年 Edit

2020年?

その他 Edit

Counter: 123, today: 1, yesterday: 0