まつじ/月面炎上44

Last-modified: Mon, 03 May 2021 23:05:52 JST (168d)
Top > まつじ > 月面炎上44

読む Edit

「かつて、月は太陽と同じに燃えていたのです」

「え、それ本当かい」

「いや、どうだろう」

「なんだい」

「でも、もしかしてもしかすると、そうでなかったとも、言いきれない」

「まあ、言いきれない」

「わからんけどな」

「調べようか」

「よせやい」 

 何にもない月の上で、足の方向は反対かしに、宇宙服のぼくたちは頭だけ並べて仰向けに寝転んだ。



「もしかしてもしかしたら、燃えてたかなあ」


「知らないねえ」



 ぼくたちの上に、半分の地球が見えていた。

ジャンル Edit

SF地球?地学普通?

カテゴリ Edit

超短編/カ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第50回競作「月面炎上」 / 参加作

執筆年 Edit

2005年?

その他 Edit

Counter: 68, today: 1, yesterday: 0