まつじ/引き算8

Last-modified: Wed, 04 Nov 2020 22:36:01 JST (610d)
Top > まつじ > 引き算8

読む Edit

弥之助は、自分を含めて六人の家族を養っていました。

ある年、飢饉のために家族全員が食べていくことが難しくなったので、

老いた婆さんを一人山に捨ててきました。

婆さんは何も言わずに弥之助と別れ、山奥へ消えていきました。

一人減って、残りは五人。

みんなの食べられる量が少しだけ増えます。

飢饉は長引き、それでも食べ物が足りなくなったので、子どもを一人、口減らしのために殺しました。

また一人減って、残りは四人。

病気でもう一人減って、残りは三人。

ようやく残りの家族がなんとか生き伸びました。

こんなことならはじめの子どもを殺すのではなかった、と弥之助は思いました。

生き残った三人はそれなりに幸せに暮らしました。

やがて一人娘が他家に嫁ぎ、残りは二人。

年をとって、妻が死に、最後に弥之助が一人残されました。

この家からいなくなっていった家族を思いながら、弥之助は息を引き取り、小さな家にはもう誰もいません。

ジャンル Edit

時代物生命家族?ご飯数字子ども

カテゴリ Edit

超短編/ハ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第36回競作「引き算」 / 参加作

執筆年 Edit

2004年?

その他 Edit

Counter: 175, today: 1, yesterday: 2